バラバラ移動ゲーム
ねらい

とっさの判断ができるようにする

 

得られる効果

●勝つためにグループ内で意見を合わせるようになる

●みんなで協力するようになる

●決めていたことができなくても、臨機応変に対応できるようになる

 

 

指導手順

① マーカーをバラバラに配置する

② 四人グループをつくり、円になって立つ

③ 笛の合図で、別のマーカーに移動する

④ マーカーに全員が集まったら手をつないで座る

⑤ 他のチームが先にマーカーに集まって座ったら、別のマーカーに移動して全員で集まるようにする

⑥ 一番最初に座ったチームに1ポイントをあげ、最後にポイントを競う

 

●応用バージョン

・笛を吹いて10秒以内にマーカーに移動→できたらOK

・スタート直前まで目をつぶってもらい、その間にマーカーの場所を移動させて 集まる難易度を上げる

 

指導ポイント

❶ どのマーカーに移動するのかチームの意見をまとめるように促す

❷ 決めていたマーカーが別のチームに取られた時にどうするのか、とっさに判断するように声かけをする。

❸ どうやったら先にグループ全員がマーカーにたどり着けるのかを考えさせる

  • 四方向からの移動
  • ボール集めゲーム
  • ボールリレー
  • 5対1の鬼ごっこ
  • 指示通りに動ける?
  • スポーツ鬼ごっこ
おすすめの記事
ボール集めゲーム
運動あそびメニュー
ねらい 最後まで諦めずに何度も走ることができる 得られる効果 ●楽しみながら何度もダッシュを繰り返すことができ、ただ走るメニューだと飽きっ...
3つの要素を持ってできる『自立』
未分類
運動あそびプログラムでは、保育園や幼稚園などの集団の中で 「動作の習得」 「考える環境」 「体験と経験」 この3つの要素を取り入れ、子どもの...
パス回しゲーム
運動あそびメニュー
ねらい 鬼にボールを取られないようにボールを回すことができる 得られる効果 ●ボールを取る、ボールを投げる、転がすといった道具を操るチカラ...
5対1の鬼ごっこ
運動あそびメニュー
ねらい みんなで協力して鬼から逃げる 得られる効果 ●みんなで協力することを覚える ●鬼は自分のしっぽを守りながら行うので、他方向の注意力...
発達段階に応じた経験をさせること
未分類
この図を見てください。 これは、スキャモンの発達曲線と言われているもので、人間の体の発達段階を、それぞれの部分で見た時の図です。 真ん中の横...
子供たちには「あそび」が足りない?
幼児期の運動について
1985年をピークに、こどもの運動能力は低下傾向にあります。最新の研究では、幼少期の運動経験が、大人の健康にも影響が出るというデータも発表さ...