ボールストップ
ねらい

指定された部位でボールを止めることができるようになる

 

得られる効果

●頭やお腹で止める時に先に手をついてから止めるようにすることで、転んだ時にとっさに手がでて顔を守ることができるようになる

●自分の体とボールを操ることができるようになる

●周りの人やボールなど複数のことをみることで周辺視野が広がり、人や物とぶつかり そうになった時に対処しやすくなる

 

指導手順

① マーカーで四角(グリッド)をつくる

② 1人1つボールをもつ

③ 四角の中から出ないようにドリブルを行い、先生が笛を吹いたら足でボールを止める

④ 慣れてきたら、「頭」「おしり」「おなか」などでボールを止める方法を見せて覚えてもらう

⑤ 次は、先生が言ったところで止めるように指示する

⑥ 3と同じようにドリブルを行い、先生が「頭」と言い「頭」でストップする。

⑦ 同じように他の部位も行う

 

●応用バリエーション

・止める部位を決めるのを先生ではなく、代表者を決めてその子にさせる。

・「◯◯でストップ」と口で言わずに、先生が止めたら子供達も止めるようにする。

 

指導ポイント

❶ 足で止めることができずに一度手で止めてから足でストップする子がいる場合は、 「手でボールを触らない」ということを声かけする。

❷ 頭やお腹で止める時に、先に地面に手を置いて体を支えながらボールを止める。 手で支えずに頭やお腹から止めに言ってケガをする場合があるので気をつける。

❸ 「◯秒以内に止めよう!」「誰が一番早いかな?」と声かけすると、行動が早くなる。

❹ ドリブルの時に四角からでてしまう場合は、四角からでたらすぐ戻ることを伝える。

❺ ボールばかり見て他の人にぶつからないように、「ボールだけを見ないで周りを みよう」と声かけを行う。

❻ 頭やお腹などで止める時は一度足でボールを止めてから行うとやりやすくなる。

  • 四方向からの移動
  • ボール集めゲーム
  • ボールリレー
  • 5対1の鬼ごっこ
  • 指示通りに動ける?
  • スポーツ鬼ごっこ
おすすめの記事
ボールリレー
運動あそびメニュー
ねらい グループ全員で協力できるようになる 得られる効果 ●グループ対抗戦にすることで、「どうやったら勝てるのか」を考えることにより、 パス...
子供たちには「あそび」が足りない?
幼児期の運動について
1985年をピークに、こどもの運動能力は低下傾向にあります。最新の研究では、幼少期の運動経験が、大人の健康にも影響が出るというデータも発表さ...
ふうせんリレー
運動あそびメニュー
ねらい 進みたい方向や動かしたい方向によってふうせんを触る方向を変えることができる 得られる効果 ●ふうせんの触り方(触る方向)によってふ...
5対1の鬼ごっこ
運動あそびメニュー
ねらい みんなで協力して鬼から逃げる 得られる効果 ●みんなで協力することを覚える ●鬼は自分のしっぽを守りながら行うので、他方向の注意力...
3つの要素を持ってできる『自立』
未分類
運動あそびプログラムでは、保育園や幼稚園などの集団の中で 「動作の習得」 「考える環境」 「体験と経験」 この3つの要素を取り入れ、子どもの...
グループ移動ゲーム
運動あそびメニュー
ねらい みんなで素早く移動することができるようになる 得られる効果 ●勝つためにグループ内で意見を合わせるようになる ●みんなで協力するよう...
ボールバランス
運動あそびメニュー
ねらい 不安定なボールの上でも自分のバランスを保てるようになる 得られる効果 ●不安定な場所や状況でも自分の体を上手にコントロールし、バラ...