子ども自身が考える環境をつくること

「モンテッソーリ教育」というのを、聞いたことがありますか?

モンテッソーリ教育というのは、自発性を促す教育法で、子どもが興味のあること、やりたいことを尊重し、大人はそれを援助する立ち位置で教育を行うというのが特徴です。

その教育法と同じように、運動あそびでもその『自立』に向けた環境をつくることを、強く意識しています。

 

特に、保育園や幼稚園の時期は、「自分で自らを成長させようとする能力」が、もっとも伸びる時期なのです。

そんな時期に、大人があれこれ指示を出してしまっていては、せっかく子どもの自立心がつくられる時期に、それを台無しにしてしまいます。

 

それは、非常にもったいないですし、後からその自立心を身につけようとも、大人になってからでは、なかなか難しくなってきます。

 

運動あそびでは、子どもの自立を促す環境をできるだけ多く作ることで、子ども達の興味のあること、やりたいこと、挑戦したいことを尊重しつつ、集団の中でのコミュニケーション能力も身につけていきます。

 

そのためには、モンテッソーリ教育のように、大人がその成長を援助する側に回り、あくまでも子どもが自らを成長させる力を、自分自身で身につけなくてはいけないのですね。

 

自ら考える能力を伸ばすために

 

運動あそびでは、このように、子ども達が、自ら考えて行動する環境をつくることを意識しています。

指導者が1から10まで教えてしまうと、子どもの「自ら考える能力」が萎縮してしまいます。

そもそも、人間というのは、「自らを成長・発達させる力をもって生まれてくる」ものなのです。 それなのに、大人がすべてやってしまったり、すべて答えを教えてしまっては、自分で自分を成長させるのではなく、「大人が自分を成長させるものだ」という能力に変換してしまうのです。

 

そうなってしまっては、その子が大人になった時に、「自ら行動を起こさず、誰かの指示がないと動けない」という考えになってしまいます。

 

だからこそ、大人は、子どもの自立しようとする意思を汲み取り、その環境を確保し、子どもたちの自発的な活動を、あくまでもサポートする存在に徹しなければならないのです。

 

このように、大人が「ああしろ、こうしろ」というのではなく、時には子供達同士でメニューを考えたり、作戦を考えるなどといった「時間」を確保します。

そうやって、『自分たちでなんとかしなくちゃいけない!』という環境に、あえておくことで、子ども達の自立心が芽生えます。

そして、発言したり、友達の意見を聞いたりして、自然とコミュニケーション能力も身につきます。 これが、運動あそびの中で「積極的に環境を作り出せる」というわけなのですね。

未分類の関連記事
  • 3つの要素を持ってできる『自立』
  • なぜ、幼少期にボール遊びが良いのか?
  • 子どもに多くの体験を『経験』させること
  • 子ども自身が考える環境をつくること
  • 発達段階に応じた経験をさせること
おすすめの記事
バラバラ移動ゲーム
運動あそびメニュー
ねらい とっさの判断ができるようにする 得られる効果 ●勝つためにグループ内で意見を合わせるようになる ●みんなで協力するようになる ●決め...
ふうせんバレー
運動あそびメニュー
ねらい 自分たちのコートにふうせんが落ちないようふうせんを打ったり弾いたりすることができる 得られる効果 ●ふうせんを目で追うことで空間の認...
ボールリレー
運動あそびメニュー
ねらい グループ全員で協力できるようになる 得られる効果 ●グループ対抗戦にすることで、「どうやったら勝てるのか」を考えることにより、 パス...
しっぽとりゲーム
運動あそびメニュー
ねらい しっぽをつける位置によって守り方や動きを変えることができる 得られる効果 俊敏性が身につきぶつかったりすることを回避できる どこか...
5対1の鬼ごっこ
運動あそびメニュー
ねらい みんなで協力して鬼から逃げる 得られる効果 ●みんなで協力することを覚える ●鬼は自分のしっぽを守りながら行うので、他方向の注意力...
パス回しゲーム
運動あそびメニュー
ねらい 鬼にボールを取られないようにボールを回すことができる 得られる効果 ●ボールを取る、ボールを投げる、転がすといった道具を操るチカラ...