子どもに多くの体験を『経験』させること

お子さんに、「自信を持って欲しい」「何でも前向きに取り組んでほしい」と思う親御さんは多いはずです。

 

もちろん、自信がなくて引っ込み思案な性格よりも、前向きで何でもポジティブにチャレンジしてほしいという気持ちは、どの親御さんにもある想いだと思います。

 

なぜなら、新しい事に挑戦したり、粘り強く物事に取り組んだりする時に重要な心の土台となるのが自分への自信、すなわち自己肯定感だからです。

 

では、自己肯定感を育むためには、一体どんなことをしたらいいのでしょうか?

それは、多くの体験を経験させることです。

 

ある心理学者が、このような言葉を言っていました。

子どもの自信をつけるためには、体験を経験に結びつけることだ

どういうことなのか?今から解説しますね。

 

運動における体験と経験の違いとは?

 

簡単に言えば、「体験」は、起こった『出来事・事実』です。

そして「経験」とは、その出来事や事実が『なぜ起こったのか』という結果の解釈を意味するということです。

 

例えば「お子さんが小学校の徒競走でビリになってしまった」という出来事があったとします。

これは、お子さんにとっては、競争で負けてしまったという「体験」となります。

 

しかし、この「体験」は実は4種類に解釈できるということなのですね。

 

心理学者のワイナーは、成功・失敗の体験を個人がどのように解釈するのかには大きくわけて、

  1. 能力
  2. 努力
  3. 課題の難易度

この4つの種類があると説明しています。

ですので、「徒競走で負けた」という体験は。

 

「僕の足が遅いから負けちゃったんだな(①能力)」

「僕があまり走る練習をしなかったから負けちゃったんだな(②努力)」

「他に足が速い子がいっぱいいたから負けちゃったんだな(③課題の難易度)」

「靴ひもがほどけちゃったのは運が悪かったな(④運)」

 

といった具合に、なぜその現象が起こったのかを、解釈できると言っています。

つまり、一つの「体験」でも何通りもの解釈の仕方、「経験」の作り方があるということです。

 

だからこそ、ここでは徒競走で負けたという体験→(②努力)という経験に、その原因を結びつけるということを意識させます。

そうすることで、『練習をしなかったから負けちゃったんんだな』という考えから、『もっと努力するれば、勝てるはず!』というポジティブな考え方になります。

 

これが、(①能力)に結びつけてしまうと、「僕は足が遅いから、どうせ頑張っても次も勝てないよ」と自信を失ってしまいかねません。

また、(③課題の難易度)や(④運)に結びつけてしまうと、「この結果は僕のせいじゃないから、頑張ってもしかたない」と感じてしまうなど、次の挑戦に結びつかないと考えられています。

 

「体験」は捉え方次第で、どんな良い「経験」にも変える事ができます。だからこそ、子どもがした「体験」を、私たちも子供たちの目線で一緒に考えてみることが大切だと思っています。

 

子供達に成功体験をたくさん味わってもらうことで、その子なりの経験となる環境を、私たちは意識して行っています。成功も、失敗も、たくさん体験して、それをどうしたらいいのか?

子供達の中から答えを導き出せるよう、サポートしていくことが大事なのです。

未分類の関連記事
  • 3つの要素を持ってできる『自立』
  • なぜ、幼少期にボール遊びが良いのか?
  • 子どもに多くの体験を『経験』させること
  • 子ども自身が考える環境をつくること
  • 発達段階に応じた経験をさせること
おすすめの記事
ボール交代ゲーム
運動あそびメニュー
ねらい ・ボールをすぐに交換できる ・ボールを置いた後にすぐに次のボールを取ることができる 得られる効果 ●勝つためにグループ内で意見を合...
並び替えゲーム
運動あそびメニュー
ねらい 毎回自分の順番を確認し間違えることなく行動することができる 得られる効果 ●毎回順番が変わるため、常に自分が何番目なのかを考えるよ...
パス回しゲーム
運動あそびメニュー
ねらい 鬼にボールを取られないようにボールを回すことができる 得られる効果 ●ボールを取る、ボールを投げる、転がすといった道具を操るチカラ...
子供たちには「あそび」が足りない?
幼児期の運動について
1985年をピークに、こどもの運動能力は低下傾向にあります。最新の研究では、幼少期の運動経験が、大人の健康にも影響が出るというデータも発表さ...
ボール当てゲーム
運動あそびメニュー
ねらい 逃げる人:当てにくる人をいち早く見つけ、当てられないように対処する 当てる人:どのタイミングでボールを狙ったら良いのか、タイミングを...
発達段階に応じた経験をさせること
未分類
この図を見てください。 これは、スキャモンの発達曲線と言われているもので、人間の体の発達段階を、それぞれの部分で見た時の図です。 真ん中の横...
5対1の鬼ごっこ
運動あそびメニュー
ねらい みんなで協力して鬼から逃げる 得られる効果 ●みんなで協力することを覚える ●鬼は自分のしっぽを守りながら行うので、他方向の注意力...