スポーツ鬼ごっこ
ねらい

みんなで協力して作戦を立てることができる。状況を判断して 行動ができる

 

得られる効果

●状況を判断する能力が身につき、その状況で自分がどう動いたら良いのかを考え 行動できるようになる

●みんなで作戦を考え、協力するということを覚える

 

 

指導手順

① 二つのチームに分ける(ビブスなどで色分けすると良い)

② 作戦タイムを設け、それぞれ作戦を考えてもらう

③ 笛の合図でスタートし、触られた人などを復活ゾーンに誘導する

④ 先にボールを取ったチームの勝ちとする

【ルール】

1.二つのチームに分けて(5対5など多くても可能)勝負をする

2.相手陣地にあるボールを先に取ったチームの勝ちとなる

3.真ん中の線を越えて相手チームの人に触られるとリタイヤとなるが、復活ゾーンに戻る ことで復活できる。

4.ボールを守る人は、ボールエリアの中に入ることができない

5.真ん中の線を越えて相手の陣地に入っても自分の陣地に戻ることができる

指導ポイント

❶ ルールが理解できない場合は、親子で手をつなぎながら行うと子供も分かり やすくなる。

❷ 各陣地にそれぞれ審判(先生)をつけるとスムーズに行うことができる。(触っ た、触ってないの判定とボールを取った時の合図を行う)

❸ バリエーションとして相手の陣地にバリアゾーンを作ったりするとさらに選択 肢が増え、作戦の幅が広がる。

  • 四方向からの移動
  • ボール集めゲーム
  • ボールリレー
  • 5対1の鬼ごっこ
  • 指示通りに動ける?
  • スポーツ鬼ごっこ
おすすめの記事
バラバラ移動ゲーム
運動あそびメニュー
ねらい とっさの判断ができるようにする 得られる効果 ●勝つためにグループ内で意見を合わせるようになる ●みんなで協力するようになる ●決め...
パス回しゲーム
運動あそびメニュー
ねらい 鬼にボールを取られないようにボールを回すことができる 得られる効果 ●ボールを取る、ボールを投げる、転がすといった道具を操るチカラ...
3つの要素を持ってできる『自立』
未分類
運動あそびプログラムでは、保育園や幼稚園などの集団の中で 「動作の習得」 「考える環境」 「体験と経験」 この3つの要素を取り入れ、子どもの...
発達段階に応じた経験をさせること
未分類
この図を見てください。 これは、スキャモンの発達曲線と言われているもので、人間の体の発達段階を、それぞれの部分で見た時の図です。 真ん中の横...
ボール集めゲーム
運動あそびメニュー
ねらい 最後まで諦めずに何度も走ることができる 得られる効果 ●楽しみながら何度もダッシュを繰り返すことができ、ただ走るメニューだと飽きっ...
ボール当てゲーム
運動あそびメニュー
ねらい 逃げる人:当てにくる人をいち早く見つけ、当てられないように対処する 当てる人:どのタイミングでボールを狙ったら良いのか、タイミングを...
ボールリレー
運動あそびメニュー
ねらい グループ全員で協力できるようになる 得られる効果 ●グループ対抗戦にすることで、「どうやったら勝てるのか」を考えることにより、 パス...