5対1の鬼ごっこ
ねらい

みんなで協力して鬼から逃げる

 

得られる効果

●みんなで協力することを覚える

●鬼は自分のしっぽを守りながら行うので、他方向の注意力や周辺視野が広がる

●どこに逃げたほうが良いか?どこから逃げたほうが良いのか等状況判断力があがる

 

 

指導手順

① 鬼を1人、逃げる人を5人決める(鬼はしっぽをつける)

② 逃げる人のうち4人はバリアゾーンに入り、1人は逃げる

③ 鬼はしっぽを取られないようにしながらバリアゾーンにいない人をタッチしに行く

④ 逃げる人は、バリアゾーンにいる人と交代しながら逃げていく

 

【ルール】

1.鬼は、バリアゾーンに立っている人はタッチできない

2.バリアゾーンに立っている人は、逃げている人が入ってきたらバリアゾーンから 出て逃げなければいけない(1つのバリアゾーンには1人しか入れない)

3.制限時間の間タッチされずに逃げ切れたら勝ちとなる

4.鬼はしっぽを取られたら、再度鬼となる

 

指導ポイント

❶ 逃げるのが楽しくて、バリアゾーンの人と交代せずに一人で逃げ続けたりす る子がいます。その場合は、「◯秒以内に交代しないと負け!」などルールを追 加すると良いです。

❷ タッチするのに夢中で鬼がしっぽを取られる場合は、「周りも注意しながらタ ッチしに行こう」と声かけすると良いです。

❸ バリアゾーンにいる人が、逃げている人をどう助けるのかを見てあげる(逃げ てきそうな時に先にバリアゾーンを開けてあげているか?)など

  • 四方向からの移動
  • ボール集めゲーム
  • ボールリレー
  • 5対1の鬼ごっこ
  • 指示通りに動ける?
  • スポーツ鬼ごっこ
おすすめの記事
四方向からの移動
運動あそびメニュー
ねらい 四方向から同時に走っても一度もぶつからずに反対側のライン まで移動できる 得られる効果 ●人にぶつからないようにすることで、空間の把...
3つの要素を持ってできる『自立』
未分類
運動あそびプログラムでは、保育園や幼稚園などの集団の中で 「動作の習得」 「考える環境」 「体験と経験」 この3つの要素を取り入れ、子どもの...
スポーツ鬼ごっこ
運動あそびメニュー
ねらい みんなで協力して作戦を立てることができる。状況を判断して 行動ができる 得られる効果 ●状況を判断する能力が身につき、その状況で自分...
発達段階に応じた経験をさせること
未分類
この図を見てください。 これは、スキャモンの発達曲線と言われているもので、人間の体の発達段階を、それぞれの部分で見た時の図です。 真ん中の横...
ふうせんリレー
運動あそびメニュー
ねらい 進みたい方向や動かしたい方向によってふうせんを触る方向を変えることができる 得られる効果 ●ふうせんの触り方(触る方向)によってふ...