ボールリレー
ねらい
グループ全員で協力できるようになる
得られる効果
●グループ対抗戦にすることで、「どうやったら勝てるのか」を考えることにより、
パスを相手に狙って返すことや、パスが乱れても次の人がカバーし助け合うことを学ぶ(協力する)
指導手順
① グループを作り、列で並びます。
② 先頭の人にボールをもたせます。
③ 合図でスタートし、前方にマーカーまで走って移動します。
④ マーカーまで移動したら、次の人にボールを手で転がしてパスします。
⑤ パスをしたら列の後ろに並びます。
⑥ 次の人はパスを受け取ったら、同じようにマーカーまで走り、パスをします。
⑦ 早く終わったチームの勝ちとします。
指導ポイント
❶ まずは、手で転がすことから行い、次に投げてパス、蹴ってパス、足でドリブル
     しながら移動などステップアップをしていくと良いです。
❷ はじめに練習で行うと、子供達は適当に強くパスをしたり、でたらめに投げた
      りします。その時に、勝負形式にするとしっかりパスをしようとしたり、パスが
      ずれたら自分で取りに行ったりするようになります。(*そういう傾向がみら
      れたら褒めてあげる)
❸ 上記の2のように勝負形式にしても変わらない場合は、子供達に「なぜ負けた
     のか?」「どうしたら勝てるのか?」を考えてもらう。その時、パスがずれたら遅くなること、パスがずれた時に次の人は移動してパスを取りに行くことを話すと良いです。
  • 四方向からの移動
  • ボール集めゲーム
  • ボールリレー
  • 5対1の鬼ごっこ
  • 指示通りに動ける?
  • スポーツ鬼ごっこ
おすすめの記事
グループ移動ゲーム
運動あそびメニュー
ねらい みんなで素早く移動することができるようになる 得られる効果 ●勝つためにグループ内で意見を合わせるようになる ●みんなで協力するよう...
小学生の朝礼、浮き指が80%以上?!
幼児期の運動について
From:宮城奈津子 姿勢の悪さが影響してまっすぐ立てない子が急増しているという特集がありました。 その原因のひとつは姿勢の悪さ。 とくに重...
ボール当てゲーム
運動あそびメニュー
ねらい 逃げる人:当てにくる人をいち早く見つけ、当てられないように対処する 当てる人:どのタイミングでボールを狙ったら良いのか、タイミングを...
子供たちには「あそび」が足りない?
幼児期の運動について
1985年をピークに、こどもの運動能力は低下傾向にあります。最新の研究では、幼少期の運動経験が、大人の健康にも影響が出るというデータも発表さ...
5対1の鬼ごっこ
運動あそびメニュー
ねらい みんなで協力して鬼から逃げる 得られる効果 ●みんなで協力することを覚える ●鬼は自分のしっぽを守りながら行うので、他方向の注意力...
ボールバランス
運動あそびメニュー
ねらい 不安定なボールの上でも自分のバランスを保てるようになる 得られる効果 ●不安定な場所や状況でも自分の体を上手にコントロールし、バラ...