3つの要素を持ってできる『自立』

運動あそびプログラムでは、保育園や幼稚園などの集団の中で

  1. 「動作の習得」
  2. 「考える環境」
  3. 「体験と経験」

 

この3つの要素を取り入れ、子どもの『自立』する力を環境を以って育みます。

自ら考え、自ら行動し、自ら成長させる能力を、最大限に保つためにも、今の時代、大人がその環境を考えてあげなくてはいけません。

 

今は、情報過多になり、あれがいいとか、これがいいとか。いろいろな教育法・指導法が出てきています。

 

しかし、今も昔も、時代は変わっても、人間の本質的なものは変わりません。

 

だからこそ、あれこれやってあげるのではなく、自分が進んでやりたい!挑戦したい!面白そう!やってみたい!という気持ちを尊重させて欲しいし、それを実現できる場を作ることが重要なのです。

 

子どもの好きな運動あそびを通して、私たちはこのうように「子ども自らが自立に歩む」サポートをしたい。そう考えております。

未分類の関連記事
  • 3つの要素を持ってできる『自立』
  • なぜ、幼少期にボール遊びが良いのか?
  • 子どもに多くの体験を『経験』させること
  • 子ども自身が考える環境をつくること
  • 発達段階に応じた経験をさせること
おすすめの記事
パス回しゲーム
運動あそびメニュー
ねらい 鬼にボールを取られないようにボールを回すことができる 得られる効果 ●ボールを取る、ボールを投げる、転がすといった道具を操るチカラ...
5対1の鬼ごっこ
運動あそびメニュー
ねらい みんなで協力して鬼から逃げる 得られる効果 ●みんなで協力することを覚える ●鬼は自分のしっぽを守りながら行うので、他方向の注意力...
四方向からの移動
運動あそびメニュー
ねらい 四方向から同時に走っても一度もぶつからずに反対側のライン まで移動できる 得られる効果 ●人にぶつからないようにすることで、空間の把...
小学生の朝礼、浮き指が80%以上?!
幼児期の運動について
From:宮城奈津子 姿勢の悪さが影響してまっすぐ立てない子が急増しているという特集がありました。 その原因のひとつは姿勢の悪さ。 とくに重...
ボールジャンプキャッチ
運動あそびメニュー
ねらい タイミングよくジャンプし、落ちてくるボールをキャッチできる 得られる効果 ●上半身と下半身をバラバラに動かすことができるようになり...
子供たちには「あそび」が足りない?
幼児期の運動について
1985年をピークに、こどもの運動能力は低下傾向にあります。最新の研究では、幼少期の運動経験が、大人の健康にも影響が出るというデータも発表さ...