3つの要素を持ってできる『自立』

運動あそびプログラムでは、保育園や幼稚園などの集団の中で

  1. 「動作の習得」
  2. 「考える環境」
  3. 「体験と経験」

 

この3つの要素を取り入れ、子どもの『自立』する力を環境を以って育みます。

自ら考え、自ら行動し、自ら成長させる能力を、最大限に保つためにも、今の時代、大人がその環境を考えてあげなくてはいけません。

 

今は、情報過多になり、あれがいいとか、これがいいとか。いろいろな教育法・指導法が出てきています。

 

しかし、今も昔も、時代は変わっても、人間の本質的なものは変わりません。

 

だからこそ、あれこれやってあげるのではなく、自分が進んでやりたい!挑戦したい!面白そう!やってみたい!という気持ちを尊重させて欲しいし、それを実現できる場を作ることが重要なのです。

 

子どもの好きな運動あそびを通して、私たちはこのうように「子ども自らが自立に歩む」サポートをしたい。そう考えております。

未分類の関連記事
  • 3つの要素を持ってできる『自立』
  • なぜ、幼少期にボール遊びが良いのか?
  • 子どもに多くの体験を『経験』させること
  • 子ども自身が考える環境をつくること
  • 発達段階に応じた経験をさせること
おすすめの記事
5対1の鬼ごっこ
運動あそびメニュー
ねらい みんなで協力して鬼から逃げる 得られる効果 ●みんなで協力することを覚える ●鬼は自分のしっぽを守りながら行うので、他方向の注意力...
ボール交代ゲーム
運動あそびメニュー
ねらい ・ボールをすぐに交換できる ・ボールを置いた後にすぐに次のボールを取ることができる 得られる効果 ●勝つためにグループ内で意見を合...
発達段階に応じた経験をさせること
未分類
この図を見てください。 これは、スキャモンの発達曲線と言われているもので、人間の体の発達段階を、それぞれの部分で見た時の図です。 真ん中の横...
3つの要素を持ってできる『自立』
未分類
運動あそびプログラムでは、保育園や幼稚園などの集団の中で 「動作の習得」 「考える環境」 「体験と経験」 この3つの要素を取り入れ、子どもの...
ボールジャンプキャッチ
運動あそびメニュー
ねらい タイミングよくジャンプし、落ちてくるボールをキャッチできる 得られる効果 ●上半身と下半身をバラバラに動かすことができるようになり...
ボールバランス
運動あそびメニュー
ねらい 不安定なボールの上でも自分のバランスを保てるようになる 得られる効果 ●不安定な場所や状況でも自分の体を上手にコントロールし、バラ...
ふうせんバレー
運動あそびメニュー
ねらい 自分たちのコートにふうせんが落ちないようふうせんを打ったり弾いたりすることができる 得られる効果 ●ふうせんを目で追うことで空間の認...