ふうせんバレー
ねらい

自分たちのコートにふうせんが落ちないようふうせんを打ったり弾いたりすることができる

得られる効果

●ふうせんを目で追うことで空間の認識能力があがり、ボールをキャッチしたり避けた りするチカラが身につく

●チームで協力しながら行うことができる

●ふうせんなので室内でも安全に行いやすい

 

 

指導手順

① 2つのチームを作る

② 四角のコートを作り、真ん中にマーカーを並べる

③ それぞれのコートに入る

④ 一方のチームからふうせんを打って(サーブ)相手コート入れる

⑤ ふうせんを自分のコートに落とさずに3回以内で相手のコートに返す

⑥ ふうせんを相手のコートに落とすことができたらポイントが入る

 

指導ポイント

❶ ふうせんはボールより浮遊力があるため慌てて触ろうとせずにゆっくり落ちてくるの を待ってから打つように声かけをする

❷ 積極的な子ばかりがふうせんに触りがちになるので、その場合はコートの前側にい る子と後ろにいる子を交代しながら行うと良い。

❸ 3回以内にふうせんを相手のコートに返せない時は、5回以内にしたりできるだけ、 ラリーをできるように工夫する。

❹ サーブの時にふうせんの取り合いになるので、サーブを打ち順番を決めておく

  • 四方向からの移動
  • ボール集めゲーム
  • ボールリレー
  • 5対1の鬼ごっこ
  • 指示通りに動ける?
  • スポーツ鬼ごっこ
おすすめの記事
発達段階に応じた経験をさせること
未分類
この図を見てください。 これは、スキャモンの発達曲線と言われているもので、人間の体の発達段階を、それぞれの部分で見た時の図です。 真ん中の横...
導入園の声
お客様の声
社会福祉法人聖公会沖縄福祉会 諸聖徒保育園  園長 前濱玲子 様 2010年から運動あそびを取り入れてもらっています。 運動あそびプログラム...
ふうせんリレー
運動あそびメニュー
ねらい 進みたい方向や動かしたい方向によってふうせんを触る方向を変えることができる 得られる効果 ●ふうせんの触り方(触る方向)によってふ...
3つの要素を持ってできる『自立』
未分類
運動あそびプログラムでは、保育園や幼稚園などの集団の中で 「動作の習得」 「考える環境」 「体験と経験」 この3つの要素を取り入れ、子どもの...
5対1の鬼ごっこ
運動あそびメニュー
ねらい みんなで協力して鬼から逃げる 得られる効果 ●みんなで協力することを覚える ●鬼は自分のしっぽを守りながら行うので、他方向の注意力...
子供たちには「あそび」が足りない?
幼児期の運動について
1985年をピークに、こどもの運動能力は低下傾向にあります。最新の研究では、幼少期の運動経験が、大人の健康にも影響が出るというデータも発表さ...