なぜ、幼少期にボール遊びが良いのか?

運動あそびプログラムでは、保育園や幼稚園へ巡回した際に、「ボール遊び」を中心に行っております。

特に幼稚園から小学生の習い事で、「サッカー」というのはとても人気が高いものの1つ。特に、男の子がやる好きなスポーツではサッカーが1位になっています。

そして、最近では女の子でもサッカーが人気のスポーツになってきました。

 

実は、アメリカやヨーロッパで、子どもに初めに触れさせるスポーツの第1位がサッカーなのです。

スポーツ王国でもあるアメリカやヨーロッパで、なぜ子供の最初のスポーツにサッカーを選んでいるのでしょうか?

それには以下の理由があるからなのですね。

 

遊び感覚で自然と体力がつき、スポーツの総合的な運動能力を高める!

 

例えばサッカーというのは、足を使うスポーツですが、蹴るだけではなく、投げる、走る、取るといった変化にとんだ動きをすることから、他のスポーツ能力を自然に高めることができると言われています。

特に、3歳〜9歳までに伸びる運動神経を最大限に伸ばすためのスポーツとしては最適なのです。だからこそ、スポーツ王国アメリカでは、幼児期からサッカーを「遊びの中で経験させる」ということなのです。

サッカーはゲーム性が強いので、子供達はすごく夢中になります。また、今後どのスポーツをやるにしても、総合的な運動能力を身につけるには、サッカーは最適なのです。

 

積極性や判断力が高まる!

 

ボールや相手の動きに合わせて自分がどうするべきか瞬時に判断することが要求されるスポーツなので、判断力も期待されます。

また、ゲーム性もあるスポーツなので「勝ちたい!」という勝利に固執する気持ちが強くなるのもサッカーというスポーツが持つ力でしょう。

これにより、自立心が芽生えるきっかけになりますし、リーダーになる経験も培われ、積極性が増します。

 

仲間と一緒にプレーすることで、自然とコミュニケーション能力が身につく!

 

みんなで一つのボールを追いかけ、試合に勝つために買った喜びや悔しさを周囲と分かち合うことができる、仲間と協力することの大切さを学ぶことができるスポーツです。

幼児体育指導においても、自分たちで話し合いをして、メニューを組んだり、作戦会議をしたりする習慣も作っています。

なので、遊びを通して、コミュニケーション能力もアップしてきます。

 

こういった理由もあり、運動あそびでは、子どもたちの大好きな「ボールあそび」を中心におこなっているのですね。

 

ぜひ、園でも積極的にボールあそびを行ってみてはいかがでしょうか?

未分類の関連記事
  • 3つの要素を持ってできる『自立』
  • なぜ、幼少期にボール遊びが良いのか?
  • 子どもに多くの体験を『経験』させること
  • 子ども自身が考える環境をつくること
  • 発達段階に応じた経験をさせること
おすすめの記事
ふうせんバレー
運動あそびメニュー
ねらい 自分たちのコートにふうせんが落ちないようふうせんを打ったり弾いたりすることができる 得られる効果 ●ふうせんを目で追うことで空間の認...
ボール当てゲーム
運動あそびメニュー
ねらい 逃げる人:当てにくる人をいち早く見つけ、当てられないように対処する 当てる人:どのタイミングでボールを狙ったら良いのか、タイミングを...
子ども自身が考える環境をつくること
未分類
「モンテッソーリ教育」というのを、聞いたことがありますか? モンテッソーリ教育というのは、自発性を促す教育法で、子どもが興味のあること、やり...
ボールストップ
運動あそびメニュー
ねらい 指定された部位でボールを止めることができるようになる 得られる効果 ●頭やお腹で止める時に先に手をついてから止めるようにすることで...
子供たちには「あそび」が足りない?
幼児期の運動について
1985年をピークに、こどもの運動能力は低下傾向にあります。最新の研究では、幼少期の運動経験が、大人の健康にも影響が出るというデータも発表さ...
四方向からの移動
運動あそびメニュー
ねらい 四方向から同時に走っても一度もぶつからずに反対側のライン まで移動できる 得られる効果 ●人にぶつからないようにすることで、空間の把...