ボール集めゲーム
ねらい

最後まで諦めずに何度も走ることができる

 

得られる効果

●楽しみながら何度もダッシュを繰り返すことができ、ただ走るメニューだと飽きっぽい 子にも何度も走り続けることができる。

●きつくても走らないと勝てないので後半疲れてきても踏ん張って走ることができる ようになる。(※持久力の向上)

 

 

指導手順

① 4つのグループをつくり、グループ内で順番を決める

② 各グループ、マーカーで陣地を作る

③ ボールをコートの中央に置く

④ 笛の合図で1番の人がスタートしボールを1つ取って自分の陣地に置く

⑤ 1番の人がボールを陣地に置いたら2番の人が同じようにボールを取りに行き、陣地に ボールを置く

⑥ これを3番、4番とコート中央のボールがなくなるまで行う(最後の人まで回ったら再度 1番から行う)

⑦ コート中央のボールがなくなったら他の陣地にあるボールを取りに行く

⑧ 笛の合図でストップし、陣地にあるボールの数が一番多いグループの勝ちとなる

 

指導ポイント

❶ 前の人がボールを置いていないのに次の人がスタートする場合があるので、 その際はペナルティーを設けたりする(1回につき1個減点など)

❷ ボールを複数もっていこうとする子がいるので、始まる前に「1つ」というのを 強調する

❸ 焦りすぎてぶつかることがあるので、ぶつからないようにすることを伝える

❹ 相手陣地からボールを奪う時に、どこの陣地から奪った方が良いのか?など 作戦タイムを取ると良い

❺ 勝つためのポイントは、「速く走ること、最後まで走ること、どこからボールを 奪うのか」

  • 四方向からの移動
  • ボール集めゲーム
  • ボールリレー
  • 5対1の鬼ごっこ
  • 指示通りに動ける?
  • スポーツ鬼ごっこ
おすすめの記事
ボールジャンプキャッチ
運動あそびメニュー
ねらい タイミングよくジャンプし、落ちてくるボールをキャッチできる 得られる効果 ●上半身と下半身をバラバラに動かすことができるようになり...
ボール集めゲーム
運動あそびメニュー
ねらい 最後まで諦めずに何度も走ることができる 得られる効果 ●楽しみながら何度もダッシュを繰り返すことができ、ただ走るメニューだと飽きっ...
3つの要素を持ってできる『自立』
未分類
運動あそびプログラムでは、保育園や幼稚園などの集団の中で 「動作の習得」 「考える環境」 「体験と経験」 この3つの要素を取り入れ、子どもの...
パス回しゲーム
運動あそびメニュー
ねらい 鬼にボールを取られないようにボールを回すことができる 得られる効果 ●ボールを取る、ボールを投げる、転がすといった道具を操るチカラ...
小学生の朝礼、浮き指が80%以上?!
幼児期の運動について
From:宮城奈津子 姿勢の悪さが影響してまっすぐ立てない子が急増しているという特集がありました。 その原因のひとつは姿勢の悪さ。 とくに重...