ボール当てゲーム
ねらい

逃げる人:当てにくる人をいち早く見つけ、当てられないように対処する

当てる人:どのタイミングでボールを狙ったら良いのか、タイミングを狙えるか

 

得られる効果

●当てる人:ボールを当てるタイミングをはかることができるようになる

●逃げる人:周辺視野が身につき、いち早く敵の位置を掴むことができるようになる (空間の把握能力)。

ボールを当てられないようにカラダの向きを変えたり、とっさに 避けたり方向を変えることで判断能力が向上する

 

 

指導手順

① 逃げる人と当てる人を決め、それぞれボールを持つ。

② 逃げる人は足でドリブルをしながら逃げる。

③ 当てる人はボールを手に持って、逃げる人のボールに当てるよう追いかける

④ 当てる人は決められた時間の中でたくさん当てるようにする。

⑤ 逃げる人はできるだけ当てられないように逃げる。

⑥ 制限時間の中でたくさん当てれた子の勝ちとする。

⑦ 当てる人と逃げる人を交代し、再度行う

 

指導ポイント

❶ 当てる子はできるだけ多く当てるように声かけをする。

❷ 逃げる人とボールが離れた瞬間にボールを狙うと当てやすいので、どのタイミングでボールを狙うか声かけをする。

❸ 遠くからよりも近くから狙った方が当てやすいので、追いかけるように声かけをする。

❹ 逃げる時にボールと離れてしまうと、当てられやすくなるので出来るだけボールを離さないようにドリブルをするように声かけをする。

❺ 最初はペアだけのボールを狙うことから、次は逃げている人全員を狙うようにしたり難易度を変化させていく。

  • 四方向からの移動
  • ボール集めゲーム
  • ボールリレー
  • 5対1の鬼ごっこ
  • 指示通りに動ける?
  • スポーツ鬼ごっこ
おすすめの記事
しっぽとりゲーム
運動あそびメニュー
ねらい しっぽをつける位置によって守り方や動きを変えることができる 得られる効果 俊敏性が身につきぶつかったりすることを回避できる どこか...
ボールジャンプキャッチ
運動あそびメニュー
ねらい タイミングよくジャンプし、落ちてくるボールをキャッチできる 得られる効果 ●上半身と下半身をバラバラに動かすことができるようになり...
子供たちには「あそび」が足りない?
幼児期の運動について
1985年をピークに、こどもの運動能力は低下傾向にあります。最新の研究では、幼少期の運動経験が、大人の健康にも影響が出るというデータも発表さ...
3つの要素を持ってできる『自立』
未分類
運動あそびプログラムでは、保育園や幼稚園などの集団の中で 「動作の習得」 「考える環境」 「体験と経験」 この3つの要素を取り入れ、子どもの...
スポーツ鬼ごっこ
運動あそびメニュー
ねらい みんなで協力して作戦を立てることができる。状況を判断して 行動ができる 得られる効果 ●状況を判断する能力が身につき、その状況で自分...
発達段階に応じた経験をさせること
未分類
この図を見てください。 これは、スキャモンの発達曲線と言われているもので、人間の体の発達段階を、それぞれの部分で見た時の図です。 真ん中の横...
四方向からの移動
運動あそびメニュー
ねらい 四方向から同時に走っても一度もぶつからずに反対側のライン まで移動できる 得られる効果 ●人にぶつからないようにすることで、空間の把...